登記官の実質的審査権-土地家屋調査士試験過去問

不動産登記法第29条
登記官は、表示に関する登記について第十八条の規定により申請があった場合及び前条の規定により職権で登記しようとする場合において、必要があると認めるときは、当該不動産の表示に関する事項を調査することができる。

土地家屋調査士試験過去問H17-5

ア 土地の表題登記の申請をする場合には、表題部所有者となる者が所有権を有することを証する情報を提供しなければならないこととされているので、登記官の実地調査権は、所有者の認定には及ばない。

答えはクリック
✕ 登記官は 実質的審査権で登記の申請情報の実地調査ができる。実質的審査権は登記の申請情報である所有者の認定に及ぶ

土地家屋調査士試験自習室(過去問等一覧)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です