建物認定-土地家屋調査士試験過去問

外気分断性、定着性、用途性の3つがあれば建物認定できる。

不動産登記事務取扱手続準則第77条
建物の認定に当たっては,次の例示から類推し,その利用状況等を勘案して判定するものとする。
一 建物として取り扱うもの
ア 停車場の乗降場又は荷物積卸場。ただし,上屋を有する部分に限る。
イ 野球場又は競馬場の観覧席。ただし,屋根を有する部分に限る。
ウ ガード下を利用して築造した店舗,倉庫等の建造物
エ 地下停車場,地下駐車場又は地下街の建造物
オ 園芸又は農耕用の温床施設。ただし,半永久的な建造物と認められるものに限る。

二 建物として取り扱わないもの
ア ガスタンク,石油タンク又は給水タンク
イ 機械上に建設した建造物。ただし,地上に基脚を有し,又は支柱を施したものを除く。
ウ 浮船を利用したもの。ただし,固定しているものを除く。
エ アーケード付街路(公衆用道路上に屋根覆いを施した部分)
オ 容易に運搬することができる切符売場又は入場券売場等

土地家屋調査士過去問H17-14

次の1から5までのうち、表題登記をすることができる建物と認定することができないものはどれか。

1 土地の上に電車の車体を置き、これにコンクリートで基礎工事を施し、居室として利用されているもの

答えはクリック
○ 外気分断性、定着性、用途性があるので建物認定される。

2 寺院の山門で、上部が宝物庫として利用されているもの

答えはクリック
○ 用途性まで確保されているので、建物認定できる。

3 骨組みの部分に鉄材が使用され、屋根及び周壁に当たる部分にガラス板がはめられている強固な建造物であって、温室として利用されているもの

答えはクリック
○ 園芸又は農耕用の温床施設で半永久的な建造物と認められるものは建物認定される(不動産登記事務取扱手続準則第77条一のオ)

4 上屋を有する駅のホーム内にあり、コンクリートで基礎工事が施されている売店

答えはクリック
✕ 駅のホームの中にある売店は「駅」の一部であり、単体で登記する独立性がない。

5 永久的な建造物である桟橋の上に構築され、コンクリートで基礎工事が施されている事務所

答えはクリック
○ 機械上に建設した建造物で地上に基脚を有し,又は支柱を施したものであれば建物認定できる。(不動産登記事務取扱手続準則第77条二のイ)

土地家屋調査士過去問H19-19

次のアからコまでのうち、登記することができる建物として取り扱うことができないものは幾つあるか。

ア 給水タンク

答えはクリック
建物として取り扱わない【 不動産登記事務取扱手続準則第77条二 建物として取り扱わないもの ア ガスタンク,石油タンク又は給水タンク】

イ ガード下を利用して築造した倉庫

答えはクリック
建物として取り扱う【 不動産登記事務取扱手続準則第77条 一 建物として取り扱うもの ウ ガード下を利用して築造した店舗,倉庫等の建造物】

ウ 地下駐車場

答えはクリック
建物として取り扱う【 不動産登記事務取扱手続準則第77条 一 建物として取り扱うもの エ 地下停車場,地下駐車場又は地下街の建造物】

エ 停車場の乗降場のうち、上屋を有する部分

答えはクリック
建物として取り扱う【 不動産登記事務取扱手続準則第82条(2) 停車場の上屋を有する乗降場及び荷物積卸場の床面積は、その上屋の占める部分の乗降場及び荷物積卸場の面積により計算する。】

オ 機械上に建設した建造物であって、地上に基脚を有するもの

答えはクリック
建物として取り扱う【 不動産登記事務取扱手続準則第77条二 建物として取り扱わないもの イ 機械上に建設した建造物。ただし,地上に基脚を有し,又は支柱を施したものを除く。】

カ 農耕用の温床施設であって、半永久的な建造物であるもの

答えはクリック
建物として取り扱う【 不動産登記事務取扱手続準則第77条 一 建物として取り扱うもの オ 園芸又は農耕用の温床施設。ただし,半永久的な建造物と認められるものに限る。】

キ 野球場の観覧席のうち、屋根を有する部分

答えはクリック
建物として取り扱う【 不動産登記事務取扱手続準則第77条 一 建物として取り扱うもの イ 野球場又は競馬場の観覧席。ただし,屋根を有する部分に限る。】

ク 容易に運搬することができる入場券売場

答えはクリック
建物として取り扱わない【 不動産登記事務取扱手続準則第77条二 建物として取り扱わないもの オ 容易に運搬することができる切符売場又は入場券売場等 】

ケ 浮船を利用したものであって、固定しているもの

答えはクリック
建物として取り扱う【 不動産登記事務取扱手続準則第77条二 建物として取り扱わないもの  ウ 浮船を利用したもの。ただし,固定しているものを除く。】

コ アーケード付き街路であって、公衆用道路上に屋根覆いを施した部分

答えはクリック
建物として取り扱わない【 不動産登記事務取扱手続準則第77条二 建物として取り扱わないもの エ アーケード付街路(公衆用道路上に屋根覆いを施した部分) 】

土地家屋調査士過去問H20-16

登記することができる建物に関する次の1から5までの記述のうち、誤っているものはどれか。

1 屋根及び外壁があって、内部に車を格納する回転式のパーキング機械が設置されているタワー状の立体式の駐車場は、建物として登記をすることができる。

答えはクリック
○ 駐車場として登記ができる。

2 Aが所有する建物とBが所有する建物について、屋根が密着し、外観では一棟の建物のように見られる場合であっても、柱、壁が別々であるときは、A及びBが所有するそれぞれの部分を区分建物でない建物として登記をすることができる。

答えはクリック
○ 屋根が密着しても柱、壁が別々である場合、個別の建物として登記をするすることができる。

3 桟橋の上に店舗として建設した建物は、たとえ桟橋に定着性があったとしても建物として認めることはできない。

答えはクリック
✕ 機械上に建設した建造物でも地上に基脚を有し,又は支柱を施したものであれば建物として登記する。

4 外壁の形態が観音像であり、内部に祭壇が設けられ参拝者が着席することができ、寺院の本堂として利用されている建造物は、建物として登記をすることができる。

答えはクリック
○ 外気分断性、定着性、用途性があるので建物認定される。

5 高架線構造物の下部(いわゆるガード下)の土地に、定着する基礎、壁等を設けて建造した店舗、倉庫等は、建物として登記をすることができる。

答えはクリック
○ ガード下を利用して築造した店舗,倉庫等の建造物は建物として登記できる。

土地家屋調査士試験自習室(過去問等一覧)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です