地番-土地家屋調査士試験過去問

土地家屋調査士試験過去問H23-7

登記官が定める土地の地番に関する次のアからオまでの記述のうち、誤っているものの組合せは、後記1から5までのうちどれか。

ア 土地の表題登記をする場合において使用される地番は、特別の事情がない限り、当該土地に隣接するいずれかの土地の地番に支号を付して定める。

答えはクリック
✕ 不動産登記事務取扱手続準則第67条1項3 土地の表題登記をする場合には、当該土地の地番区域内における最終の地番を追い順次にその地番を定める。

イ 要役地についてする地役権の登記がある土地で地番に支号がないものについて分筆の登記をする場合において、当該地役権を分筆後のいずれかの土地について消滅させることを証する地役権者が作成した情報が提供され、当該土地の地役権を抹消するときは、分筆した土地について支号を用いない地番を存することができる。

答えはクリック
○ 本問の通り、当該土地の地役権を抹消するときは、分筆した土地について支号を用いない地番を存することができる(要役地の支合が変更すると登記官は承役地の登記内容を変更しなければならないため、支合を地番を変更せずに存続されることも可能である)

ウ 特別の事情がある場合には、合筆した土地について、合筆前の首位の地番をもってその地番としなくとも差し支えない。

答えはクリック
○ 合筆した土地については、合筆前の首位の地番をもってその地番とするが、特別の事情があるときは、適宜の地番を定めて差し支えない。

エ 地番は、市、区、町、村、字又はこれに準ずる地域ごとに起番し、土地の位置が分かりやすいものとなるように定められる。

答えはクリック
○ 不動産登記規則第98条 地番は、地番区域ごとに起番して定めるものとする。2 地番は、土地の位置が分かりやすいものとなるように定めるものとする。

オ 甲土地を甲土地及び乙土地に分筆した後、錯誤により分筆の登記の申請がされたことを原因として、分筆の登記の抹消がされた場合には、抹消された乙土地の地番は、特別の事情がなくても、再使用することができる。

答えはクリック
✕ 分筆を抹消した場合でも重複しない地番を定める

土地家屋調査士試験自習室(過去問等一覧)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です