共有部分の登記-土地家屋調査士試験過去問

土地家屋調査士過去問H17-10

イ 共用部分である区分建物が当該区分建物の属する一棟の建物以外の一棟の建物に属する区分建物の区分所有者の共用に供されるものである旨の登記がされている場合において、その変更の登記又は更正の登記の申請をするときは、変更又は錯誤若しくは遺漏があったことを証する情報及び当該共用部分である区分建物の所有者を証する情報を申請情報と併せて提供しなければならない。

答えはクリック
○ 共有部分である旨の登記をすると権利関係の登記記録は抹消されるため、所有者証明書の添付が必要となる。

土地家屋調査士過去問H18-5

ア 団地共用部分である旨の登記がある建物について建物の区分の登記を申請するときは、添付情報として、当該建物の所有権を証する情報を提供しなければならない。

答えはクリック
○ 共有部分である旨の登記をすると権利関係の登記記録は抹消されるため、所有者証明書の添付が必要となる。

ウ 団地共用部分である旨の登記を申請する場合において、当該団地共用部分である建物に抵当権の設定の登記があるときは、添付情報として、当該抵当権の登記名義人の承諾を証する当該登記名義人が作成した情報又は当該登記名義人に対抗することができる裁判があったことを証する情報を提供しなければならない。

答えはクリック
○ 共有部分である旨の登記をすると権利関係の登記記録は抹消されるため、抵当権消滅承諾書の提出が必要となる。

土地家屋調査士過去問H18-11

イ 共用部分である旨の登記がある建物について共用部分である旨を定めた規約を廃止したことを原因として当該建物の表題登記を申請するときは、添付情報として、表題部所有者となる者が当該建物の所有権を有することを証する情報を提供しなければならい。

答えはクリック
○ 共有部分である旨の登記をした際に権利関係の登記記録は抹消されているため、「区分建物表題登記(共有部分廃止)」の申請をする際には、規約廃止証明書に併せて「新たな所有者の所有権証明書と住所証明書」の添付が必要となる。

エ 共用部分である旨の登記を申請するときは、添付情報として、当該共用部分である建物の所有権を証する情報を提供しなければならない。

答えはクリック
✕ 共有部分である旨の登記をすると権利関係の登記記録は抹消されるが、それまでは所有権の情報が登記所にあるため、所有者証明書の添付は必要ない。

土地家屋調査士過去問H19-5

ア 団地共用部分である旨の登記がある建物について建物の滅失の登記の申請をする場合には、当該建物の所有者を証する情報を登記所に提供しなければならない。

答えはクリック
○ 共有部分である旨の登記をすると権利関係の登記記録は抹消されるため、所有者証明書の添付が必要となる。

土地家屋調査士過去問H19-8

エ 共用部分である建物の床面積について変更があったときは、その変更があった日から1月以内に、表題部の変更の登記を申請しなければならない。

答えはクリック
○ 床面積に変更があった場合、その変更があった日から1月以内に、表題部の変更の登記を申請しなければならない。

オ 建物が団地共用部分となったときは、その日から1月以内に、表題部の変更の登記を申請しなければならない。

答えはクリック
✕ 共有部分になったことを申請する義務はない。

土地家屋調査士試験自習室(過去問等一覧)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です