43条の但し書き空地の購入前にリスクを知る

43条但し書き空地について調べていた所、下記の動画を発見して驚きました。

動画の行為を安易にできると考えてはいけないませんが、非常に参考になる情報だと思います。

この動画を踏まえて建設基準法第43条の但し書き空地のことを考えました。

43条但し書き空地で家などを建設する場合には許可が必要となります。これは一度許可を貰えば以後不要になるのではなく、再度建て替えをする場合でも同様です。

この理由として「43条但し書き空地」は再建築不可だからです。一度認められた事実は「特例で認められた」と考えます。

この建設許可は簡単に貰うことはできないと考えています。一例ですが道路の所有者全員から実印と印鑑証明書を得ることが考えられます。これは「普段の近隣との付き合い」等によって重労働になると思います。また、それを行えば必ず許可が出るものではないことから、素人が出さないように忠告をしている方もいます。

このような土地であるのため、43条但し書き空地は基本的に相場より安く市場に出ていることが多いです。

購入側にとっては市場より安く手に入るというメリットがありますが、将来売却するときになって「安く売ることしかできず、また買い手がなかなか見つからない」可能性は高いと思われます。

また、43条但し書き空地は住宅ローンが通り難い場合がありますので、取引をする際には建設会社や不動産業者のご担当者に確認をされることをお勧めします。

私的には、永住するつもりで購入するのであれば43条但し書き空地の不動産は検討に値すると思います。

市場より安く手に入る可能性が高く、当然ながら隣接している道は狭い私道なので静かに生活できる可能性も高いというメリットもあります。

また、上記に張り付けた動画のように努力をすれば、一応それなりの価格で売却も可能なのではないかと思われます。しかし、これは素人が実行するには大変な労力になりますので、リスクも考えた上で判断されることを推奨いたします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。このサイトが何かの参考となれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です