相続-土地家屋調査士試験過去問

土地家屋調査士試験過去問H21-3

遺産分割に関する次のアからオまでの記述のうち、判例の趣旨に照らし正しいものの組合せは、後記1から5までのうちどれか。

ア 遺産分割協議が成立した後であっても、共同相続人全員の合意で分割協議を解除した上で再度分割協議を成立させることができる。

答えはクリック
○ 相続人全員の合意があれば再度協議をしても良い。

イ 相続財産中の不動産につき、遺産分割により法定相続分と異なる権利を取得した相続人は、登記を経なくても、当該分割後に当該不動産につき権利を取得した第三者に対し、当該分割による権利の取得を対抗することができる。

答えはクリック
✕ 自分の持分を超えて取得した分は登記なくして対抗できない。

ウ 遺産分割協議が成立したが、相続人Aがこの協議において相続人Bに対して負担した債務を履行しない場合には、Bは、遺産分割協議を解除することができる。

答えはクリック
✕ 遺産分割協議が成立した後は、相続人の一人が債務を履行しなくても遺産分割協議は解除されない。

エ 相続放棄をした者は、他の共同相続人の同意があったとしても、遺産分割協議の当事者となることができない。

答えはクリック
○ 民法第939条 相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。

オ 被相続人が「甲不動産は相続人Cに相続させる。」との遺言をしていた場合であっても、他の相続人が甲不動産を取得することとし、Cは遺産中の他の財産を取得することとする旨の遺産分割をすることとができる。

答えはクリック
✕ 遺言が有効であれば、甲不動産は相続開始と同時に相続人Cに帰属する。

土地家屋調査士試験自習室(過去問等一覧)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です