登記完了証の通知-土地家屋調査士試験過去問

土地家屋調査士試験過去問H22-7

登記が完了した場合に登記官がする通知に関する次のアからオまでの記述のうち、正しいものは、幾つあるか。

ア 表題部の所有者欄にA、B及びCの3人の共有の登記がされている土地について、Aが地目の変更の登記を申請し、登記が完了した場合には、登記官は、A及びBに対して当該登記が完了した旨を通知すれば足りる。

答えはクリック
○ 本問の場合、登記完了証の通知は申請人であるA及びBとCのどちらか一名にすれば足りる。

イ 表題部の所有者欄にA、B及びCの3人の共有の登記がされている土地について、Aの債権者Dが地目の変更の登記を申請し、登記が完了した場合には、登記官は、A及びDに対して当該登記が完了した旨を通知すれば足りる。

答えはクリック
○ 本問の場合、登記完了証の通知は申請人であるD及びAとBとCのうち一名にすれば足りる。

ウ 表題部の所有者欄にA、B及びCの3人の共有の登記がされている土地について、職権による地目の変更の登記が完了した場合には、登記官は、Aに対して当該登記が完了した旨を通知すれば足りる。

答えはクリック
○ 職権による登記が完了した場合、登記完了証の通知はA、B及びCのうち一名にすれば足りる。

エ 表題部の所有者欄にA、B及びCの3人の共有の登記がされている土地について、Dが当該土地の所有者をD、E及びFに更正する旨の表題部所有者についての更正の登記を申請し、登記が完了した場合には、登記官は、D及びEに対して当該登記が完了した旨を通知すれば足りる。

答えはクリック
✕ 本問の場合、登記完了証の通知は申請人であるD及びAとBとCのうち一名にすれば足りる。

オ 表題部の所有者欄にA(持分6分の1)、B(持分6分の2)及びC(持分6分の3)の3人の共有の登記がされている土地について、Cが当該土地の所有者をA(持分6分の3)、B(持分6分の1)及びC(持分6分の2)に更正する旨の表題部所有者である共有者の持分についての更正の登記を申請し、登記が完了した場合には、登記官は、A及びCに対して当該登記が完了した旨を通知すれば足りる。

答えはクリック
○ 本問の場合、登記完了証の通知は申請人であるC及びAとBのうち一名にすれば足りる。

土地家屋調査士試験自習室(過去問等一覧)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です