更新料を無料にした方が賃貸物件の入居者は決まりやすいですか?

不動産会社へ募集を任せているのに、なかなか借主が見つからない物件の大家さんから「更新料を無料にした方が決まりやすくなりますか?」と質問を頂いたことがあります。

普通借家契約の契約満期時に更新料を請求するという慣習のある地域があります。この負担を減らして入居者が見つかるようになるか検討する方もいるようです。

もちろん、無料の方が決まりやすくなると思いますが、その効果は物件によると思います。長期間居住しやすい物件であれば更新料の減額はセールスポイントになると思います。

特にファミリータイプの物件の場合には、自分一人ではなく家族全員への影響があることから長期間で暮らす方がそもそも多いため、更新料を無料にすることによる効果はあると思います。

このことは前提となりますが、私はこの質問に対し「恐らく更新料を無料にしても物件への問い合わせの数は大差ないと思います」とお返事をしたことがあります。

私の経験上ですが「更新料無料」の募集条件を「更新料」が掛かるように変更したことはありますが、問い合わせ数がまったく変わらないという経験があります。そのため、反響を増やすために「更新料無料」にするのであれば、あまり意味が可能性があります。

当然ですが更新料以前に「賃料に魅力」がなければお客様から問い合わせは来ません。

賃料に問題ないのであれば「敷金」「礼金」を考えて、その次に「賃料のフリーレント」等の初期費用を考慮します。「更新料」等の住んでから発生する費用を考えるのはその次で良いと思います。

私的には「賃料」「敷金」「礼金」が妥当であれば、それなりに問い合わせが来ると思います。それで来ないのであれば「賃料等」ではなく「設備関係」に問題がないか「室内は問題がなくても外観等の見た目が汚れてないか」等を考慮をしても良いと思います。

入居者が決まらないとき大家さんがすること」というページに記載をしましたが、ホームページという不動産広告だけで、賃貸物件が魅力的に見えなければ問い合わせはこないのです。

更新料をどうしても払いたくないというお客様が多いのであれば効果は高いと思いますが、現状は、かなり限定的だと思います。

尚、更新料を減額した場合、同じアパート等に他の入居者がいれば更新時に広告を見ることも多く、また特にファミリー物件であれば奥様同士の噂でも広がりやすいので、全部部屋の更新料を無料にするつもりで、実行されることをお勧めします。

最後までお読み下さりありがとうございました。このサイトが何かの参考となれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です