建物図面-土地家屋調査士試験過去問

土地家屋調査士過去問H19-7

ア 附属建物の新築による建物の表題部の登記事項に関する変更の登記を申請する場合において、主である建物に変更がないときは、当該申請書に添付すべき建物図面には、主である建物を表示することを要しない。

答えはクリック
✕ 附属建物を新築した場合、主である建物と附属建物を記載した建物図面の添付を要する。尚、各階平面図は新築した附属建物のみを記載したものでも良い。

イ 既存の建物全部を取り壊し、その材料を用いて同一の床面積及び構造である建物を再築した場合において、建物の表示に関する登記を申請するときは、申請書に建物図面を添付することを要しない。

答えはクリック
✕ 建物を取り壊して同様のものを建築した場合、この2つの建物は同一性がないため、申請する際の添付情報として建物図面及び各階平面図を要する。

ウ 地番を異にする他の土地に既登記の建物をえい行移転した場合において、建物の表示に関する登記を申請するときは、申請書に移転後の建物についての建物図面及び各階平面図を添付しなければならない。

答えはクリック
✕ 異にする地番に「えい行移転」した場合の添付情報として建物図面の添付は要するが各階平面図は要しない。

オ 建物が地下のみの建物である場合には、建物図面には、地下1階の形状を朱書しなければならない。

答えはクリック
○ 不動産登記事務取扱手続準則第52条 建物が地下のみの建物である場合における建物図面には、規則第82条第1項の規定にかかわらず、地下1階の形状を朱書するものとする。

土地家屋調査士試験自習室(過去問等一覧)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です